睡眠薬で眠れる理由

睡眠薬は睡眠障害を患っている方が夜に十分な睡眠を取るために服用する薬であり、それによって生活の質を向上させるために服用されています。
ではなぜ睡眠薬を飲むと眠くなるのでしょうか。どんなメカニズムがあるのでしょうか。
まず人間の脳の中にはGABA受容体と呼ばれる部位があり、その中でもベンゾジアゼピン結合部に睡眠薬が結合するとき、その機能が活性化され睡眠を誘導します。
その結果、脳の活動を抑制する働きが生まれ、意識レベルが低下し睡眠に至るというメカニズムです。これは不眠だけでなく不安やストレスにも効果があります。
それでも副作用がどの薬にもあるように睡眠薬にも同様に副作用があります。最近では副作用が少ないものが次々に開発されています。
睡眠薬を服用する際には医師の診断を受け、自分にとって適格な処方された薬を服用しなければなりません。
なぜなら睡眠薬にもたくさんの種類があり、効果や持続時間は様々だからです。この薬は自分には合うがあの薬はダメという相性みたいなものが存在します。
それで自分にとってぴったりな薬を服用するなら最大の効果を期待できるでしょう。自分の使用している薬がどんな特徴を持っているのかを知ることは大切です。
まず作用時間について知るようにしましょう。睡眠薬には作用時間が短いものから長いものまであります。体内で分解されるスピードが速いものが服用後3、4時間で効果が切れます。
それに対し効果が長いものは9時間以上睡眠効果が続くものがあります。こうした作用時間の違いから一般的に四つのタイプに分かれています。自分に体に必要な効果を選択することが必要です。
以上のことから睡眠薬を服用する際は必ず医師の診察を受け、服用する際は医師の指示に従いましょう。