睡眠薬はどこでもらえるの?

睡眠薬は向精神薬に分類され、医師の処方が必要なため、医療機関で処方せんを必要とします。
その処方せんを調剤薬局にもっていくと、睡眠薬が薬剤師さんから交付されます。
睡眠薬と一言でいってもいくつかに分類されます。
もっとも効果が強いのが短期間型睡眠薬と呼ばれるもので、寝つきをよくします。なかなか眠れなくて困っているという人には、この薬がいいです。
寝つきはいいけど、夜中に目が覚めて、それからまったく眠れないという人には中間型があります。
そのほかにも効果時間の長い、長期型もあります。
睡眠薬が強すぎて、癖になるのが心配だという人には、精神安定剤があります。これは気持ちを落ち着かせることで、眠気を催しますので癖になりにくいです。
ここで注意してほしいのは、市販の睡眠薬は本当の睡眠薬ではないということです。市販のものは主成分が抗アレルギー剤であり、その副作用である眠気を利用したものです。
ですから市販のもので眠れないとなれば、内科や心療内科などの専門医から診てもらいましょう。その人の生活リズムにあった薬を処方してくれます。ただし副作用に注意しましょう。
朝起きてボーッとする、喉が渇くといった症状があれば副作用の可能性が高いので、そのときは医師や薬剤師に相談しましょう。
眠るということは、本来なら自然に眠るはずですが、精神的なことでどうしても眠ることが難しい人が中年以降の女性に多いです。
そのような人にはその人にあった睡眠薬を処方することで、心地よい眠りにつくことができます。
薬は使い方によって、その人に快適な寛ぎを与えてくれますので、医師の指示どおりに飲むことが肝心であり、万が一体調不良が発生した場合には医師や薬剤師に電話でも緊急で連絡できる体制になっています。